医療費控除 対象 不妊

Sponsord Link


不妊治療は医療費控除の対象となるのでしょうか?

医療費控除とは医療費が一定の金額を超えた場合、所得控除を受けることができるというものです。
普通に生活を営む人がこの医療費控除を気にする事はあまりありません。
風邪や軽い怪我程度では、医療費が一定の金額を超えてしまうケースはあまりみられないからです。
一方で、不妊治療をはじめとした長期間、そして高額な医療費を必要とする人にとっては、この医療費控除というシステムは大変ありがたいものであるといえます。
つまり、不妊治療は医療費控除の対象として認められた治療の1つなのです。

 

医療費控除の対象となる不妊とは?

婦人科系の疾患による不妊の場合はもちろん医療費控除の対象となります。
一方で健常な夫婦間での不妊治療は、医療費控除の対象となるのかと問われますと、答えは「対象になる」です。
健常であったとしても体外受精を行えば、原因不明だけれど不妊症であるという事になりますので、医療費控除の対象となるのです。
つまり、不妊治療をどのような形であれ受けますと治療ですので医療費控除の対象となります。

 

医療費控除の対象となる不妊治療について

体外受精をはじめ医療費控除となる不妊治療には、不妊治療に有効な薬やサプリメントを購入した場合その料金も医療費控除の対象となります。
また不妊治療を行う病院が近くになくて遠方まで出向く場合、その交通費も医療費控除の対象となります。
しかし、自家用車のガソリン代は医療費控除のガソリン代には含まれません。
ただし、有料の駐車場に車を駐車した場合、その有料の駐車場代は医療費控除の対象となります。
また、電車、バスなどの公共交通機関を利用する方は乗った区間と日付をメモしておけばそれが医療費控除の対象として認められます。

Sponsord Link