医療費控除 対象 プロペシア

Sponsord Link


医療費控除の対象としてのプロペシアについて

プロペシアとは頭頂と前中頭部の男性型脱毛の治療として、飲む育毛剤として国が医療費控除の対象と認めている唯一の薬です。
子供が飲む事、妊娠中の女性が服用すると胎児にダメージがあり、錠剤を叩き割って飲むのも禁止されている薬ですが、育毛の作用はきちんとあり、薄毛の治療として医療機関が処方箋を出す薬なのです。
多くの育毛剤がありますが、すべては抜け毛を一時的に緩和している予防の作用しか認められていませんので、プロペシアを除いたすべての育毛剤は医療費控除の対象とはなりません。

 

医師の処方箋があって購入すると医療費控除の対象になりますが、個人で輸入して購入しますと、それは医療費控除の対象外となりますので気をつけてください。

 

医療費控除の対象であるプロペシアを安く購入するには

医療費控除の対象となるプロペシアですが、医師の処方箋として出してもらうと7000円から8000円程度するそうです。
年間計算ですと84000円から96000円してどちらも医療費控除の対象とはなりません。
医療費控除の対象は10万円からなのでプロペシアのみでは対象になりません。
当然ですが、他にAGA治療の医者に診てもらっているのですから、その診断料がかかります。
AGAの治療は自由診療なので高額な医療費が発生しますので、医療費控除の対象と必然的にはなります。

 

逆に医師の診療報酬を払わず個人で手に入れて使用するという事も出来ますが、医療費控除の対象にはなりません。
しかし約4000円で購入出来るそうなので、48000円で済むという考え方もあります。
またプロペシアのジェネリック医薬品、プロペシアジェネリックがありますので安い値段でプロペシアの効果を実感したいというのならばジェネリック医薬品を利用してみるのも手かもしれません。

Sponsord Link