医療費控除 対象 レーシック

Sponsord Link


医療費控除の対象としてレーシック手術は認められるのか?

レーシック手術とは角膜屈折矯正手術の1つでありレーザー光により視力を矯正する手術の事です。
このレーシック手術は保険適応外の自由診療となりますので高額な医療費が発生します。
眼の機能それ自体を医学的な方法で治療し元の視力に強制する手術なので、場合によっては医療費控除の対象となります。
その為、出来るだけ還付金を受け取りたいものですね。
「場合によっては」と記述いたしましたが、国税庁では医療費控除の対象となっているのですが、各税務署によって扱いが異なってくるという不可解な状態となっているのです。
それなので、レーシック手術を受ける前に各税務署に確認をとると間違いはありません。
ほとんどの場合は医療費控除の対象と認められますので、特に気を使う必要はないとは思います。

 

医療費控除の対象のレーシック手術について

医療費控除の対象となるためには家計を共にしている家族を含めた医療費の合計が1年間で10万円を超えている必要があります。
もしくは所得の5%を超えている場合も医療費控除の対象となります。
また、家族であっても離れて生活していますと、家計を一緒にしているとはカウントされませんので気をつけてください。
レーシックの手術代は両目で20万円前後かかりますので、手術を受けてしまえば医療費控除の対象となってしまうわけです。

 

さらに病院へ通うために利用した公共交通機関の交通費も医療費控除の対象となりますので、レーシック手術を行う病院が遠方にある場合は必ず、どの区間を電車やバスで移動したのかきちんとメモに残しておきましょう。
メモがあれば、医療費控除の対象として認められます。

Sponsord Link