医療費控除 対象 予防注射

Sponsord Link


医療費控除の対象として予防注射は認められるのか

毎年、秋から冬にかけてインフルエンザウイルスに対抗するためにインフルエンザウイルスの予防注射が行われますね。
また小さなお子様は様々な予防注射を受けなければいけません。
さて、この予防注射は医療費控除の対象となるのでしょうか?
答えは「対象にならない」です。
医療費控除の対象となるのは、病気を治療した際にかかる代金なので、病気を予防するために使った代金は、対象外となってしますのです。
例えば、風邪をひいて医師の診療を受けてのど飴、マスクを購入したらその2点は医療費控除の対象となります。
ですが、風邪をひいたら大変だと予防のためにのど飴、マスクを購入したら医療費控除の対象とはならないのです。
予防か治療目的かによって、医療費控除の対象となるかならないかは変わってくるのです。

 

予防注射と同様に医療費控除の対象とならないもの

医療費控除の対象にならないのは予防注射の他にも様々あります。
例えば、人間ドックの費用です。
これは健康診断と受け取られ病気の予防としての側面が大きいからです。
しかし、人間ドックを受けて病気が判明しますと、病気の治療という事になりますので医療費控除の対象となります。
また美容目的での歯列矯正も医療費控除の対象とはなりません。
歯列矯正の多くは発育段階での子供ですが、噛み合わせに問題がありますと大人の方でも歯列矯正は医療費控除の対象となります。
ですが、美容目的の歯列矯正、例えば写真写りを良くしたいが為に歯列矯正をしますと美容目的となりますので医療費控除の対象となりません。

 

一方でオムツ代やのど飴の代金等が医療費控除として認められます。
また、レーシック手術の代金などそれが治療目的であるのならば、医療費控除の対象となります。

Sponsord Link