医療費控除 対象 保険外

Sponsord Link


医療費控除の対象となる保険外診療について

例え保険外だとしても医療費控除の恩家を受ける事の出来る治療は沢山あります。
代表的なのは歯列矯正ではないでしょうか。
歯列矯正は美容目的ではない限り、歯列矯正は医療費控除の対象となります。
美容目的ではない限りと記載いたしましたが、美容目的は治療ではありませんから、対象とはならないのです。
例えば、写真の写りが悪いので歯列矯正をしようと考える場合は、それは美容目的なので医療費控除の対象外となります。
次に有名な保険外なのはレーシック手術ではないでしょうか。
レーシック手術は視力をレーザー光によって矯正させる治療なので、医療費控除の対象となります。
ただ、レーシック手術の場合は税務署によっては、医療費控除の対象外となる事があります。
しかしながら、国税庁ではレーシック手術は医療費控除の対象と明記されていますので、きちんと説明を行えば医療費控除の対象となりますので事前に税務署に相談を持ちかけるべきだと考えられます。
またAGAの治療も保険外ですが、これも医療費控除の対象となります。
育毛薬として認められている薬「プロペシア」を医師から処方箋としてもらいますと、医療費控除の対象となります。

 

医療費控除の対象にならない保険外診療について

医療費控除の対象とならない保険外の治療は、美容目的の治療があたります。
例えば整形手術などは保険外ですし、医療費控除の対象にもなりません。
他にも人間ドックや健康診断は医療費控除の対象とはなりません。
ただし人間ドックや健康診断の場合は、異常が見つかった際には治療も行わなければいけませんので人間ドックや健康診断の費用も医療費控除の対象となります。

Sponsord Link