介護保険 医療費控除 対象

Sponsord Link


介護保険の医療費控除の対象について

介護保険サービスは医療費控除の対象になるサービスが含まれています。
案外、忘れてしまいがちですが確定申告を行いますと払いすぎた税金を回収する事ができます。
介護保険の医療費控除の対象には「居宅サービス」と「施設サービス」2種類が存在します。

 

介護保険の居宅サービスの医療費控除の対象と対象外

まず居宅サービスと施設サービスの違いですが、居宅サービスは在宅で介護を受ける事。
施設サービスは施設で介護サービスを受ける事です。
まずは居宅サービスで、医療費控除の対象となるものを数点挙げていきます。
「訪問看護」「介護予防訪問看護」「訪問リハビリテーション」「介護予防訪問リハビリテーション」など挙げる事が出来ます。
紛らわしいのが前記の居宅サービスと併用しなければ医療費控除の対象とならない介護サービスです。
「訪問介護」「夜間対応型訪問介護」「介護予防訪問介護」「訪問入浴介護」などです。
最後に、居宅サービスで医療費控除の対象外をすべて挙げていきます。
「訪問介護(生活援助中心型)」「認知症対応型共同生活介護【認知症高齢者グループホーム】」「介護予防認知症対応型共同生活介護」「特定施設入居者生活介護【有料老人ホーム等】」「地域密着型特定施設入居者生活介護」「介護予防特定施設入居者生活介護」「福祉用具貸与」「介護予防福祉用具貸与」「複合型サービス(生活援助中心型の訪問介護の部分)」以上です。
厄介なのは「訪問介護」であり、生活中心型とは家事支援の事です。

 

介護保険の施設サービスの医療費控除の対象

施設サービスの医療費控除は「施設サービスの代金(介護費や食費及び居住費)として支払った額の2分の1に相当する金額」「介護老人保健施設に支払った代金」「指定介護療養型医療施設に支払った代金」以上が施設サービスの医療費控除の対象となります。

Sponsord Link