医療費控除 対象 歯科矯正

Sponsord Link


医療費控除の対象となる歯科矯正について

歯科矯正は美容目的でなければ、医療費控除の対象となる事をご存知でしょうか?
歯科矯正は発育途中の子供がよく噛み合せ改善の為に行っていますが、大人になると保険が効きませんし、別に矯正をしなくてもいいかなと考える方がいます。
しかしながら、保険は利きませんが大人でも美容目的でなければ歯科矯正を受けて医療費控除の対象となり還付金が返ってきます。
医療費控除は年に10万円以上、もしくは所得費の5%を支払ったのならば払いすぎた税金が戻ってきます。
微々たる料かもしれませんが、戻ってくるのはありがたいですね。

 

医療費控除の対象とならない歯科矯正について

美容目的ではない歯科矯正は、医師に噛み合わせが悪いと判断した時です。
自己判断つまりお見合い写真で最高の笑顔を撮りたいから歯科矯正をしたいという理由ですと美容目的の歯科矯正となってしまいます。
子供の場合は歯科矯正を美容目的で行う人はいるとは思いますが、発達途中の子供は医療費控除の対象となります。
またインプラント治療治療は保険が効きませんが、こちらも医療費控除の対象となります。
歯が抜けたのを治療するという目的なので、医療費控除の対象になるのです。
さらに歯科矯正を行ってくれる医師が近くにいない場合、歯科医院へ通う為の交通費も医療費控除の対象となります。
交通費は公共の交通機関を利用した際、つまりバスや電車で移動した場合は乗った区間をメモしているだけで還付申告には問題がありません。
問題があるのが自家用車で通院をした場合です。
自家用車で通院しますとガソリン代は医療費控除の対象とならないのです。
しかし、有料の駐車場を利用しましたら、その駐車場代は医療費控除の対象となりますので忘れずに申告をしましょう。

Sponsord Link