医療費控除 対象 歯

Sponsord Link


何かとお金のかかる歯の治療。どこまでが医療費控除の対象か

健康に暮らしていても何かと治療が必要になり、お金がかかるのが歯医者さんです。
しかし、歯の治療は従来の治療としての歯科利用もあれば、審美歯科目的の歯科治療も増えてきています。
歯の治療はどこまでが医療費控除の対象になるのでしょうか。

 

まず、虫歯の治療や歯周病の治療など一般的な歯科治療は医療費控除の対象です。
そして、一般的な水準をはるかに越えるような特殊な治療の場合は対象外になります。
但し例外もあります。

 

例えば、金やポーセレンは高価な治療材料ですので、一見特殊な治療として医療費控除の対象外になると思われますが、近年、金やポーセレンは一般的な治療に使われるようになってきていますので、歯科治療で金やポーセレンを使用しても、全額医療費控除の対象になるのです。
また、歯の矯正は審美歯科扱いで医療費控除の対象になりませんが、発育段階の子どもの成長に害をきたさないよう不正咬合の矯正を行う場合など、健康に影響がある為に行う矯正であれば、これも医療費控除の対象になります。

 

もっと分かりやすいように具体的な例を挙げると、例えばインプラントや自由診療で金歯やセラミックスクラウンなどを使用する高額治療費、親知らずの抜歯や入れ歯、歯科ローンを組んで支払った治療費、薬局で購入した歯の痛止め薬などは医療費控除の対象です。
しかし、歯を白く綺麗にする為に行うホワイトニングや歯科ローンで支払った治療費のうち金利や手数料分などは対象外になります。

 

このように、歯の治療で医療費控除の対象になるかどうかは、健康に影響があるので行う治療なのか、歯や歯並びを綺麗にする為に行う治療かどうかで判断されるのです。
また忘れてはならないのが、歯科治療を行う為に必要とした通院費です。
バスや電車など交通機関を使用して歯科治療を受けに行った場合は、全て医療費控除の対象になります。
さらに、子どもの治療に付き添った人の交通費も対象になりますので、きちんと領収書を保管しておきましょう。
但し、同じ交通費でも自家用車で通院した場合に必要としたガソリン代や駐車場代は対象外となりますので注意しましょう。

Sponsord Link