医療費控除 対象 ピル

Sponsord Link


女性に欠かせないピルは医療費控除の対象です

女性にとって、ピルは欠かせない薬である事はご存知でしょうか。
ピルは避妊の為の薬という認識が強いのですが、実際はピルの副効用を目的に服用している女性は大勢います。
ピルの副効用はたくさんあるのですが、例えば月経痛が酷い場合にピルを服用すると痛み軽減され、月経時の出血の量が多い人は貧血を防ぐ役割もあります。
また、月経不順を改善する効果や子宮内膜症の予防の効果もあります。
月経前のPMS症状の強い人の場合は、ピルによってホルモンのバランスを整え、PMSの軽減、ニキビなどの肌荒れ軽減、更年期症状や骨粗鬆症の予防にも繋がります。
さらに、ピルは卵巣がんや子宮体がんの予防効果があるなど、女性にとっては欠かせない薬でもあるのです。
但し、ピルは良い効果がたくさんある反面、人によっては服用してから数日は吐き気や頭痛、むくみや乳房の痛みが出てくる等、妊娠初期のつわりの症状に似た副作用が出る事がありますので、十分注意して服用する必要があります。

 

どんな薬でもそうですが、人に貰ったピルを決して服用する事のないようにしましょう。
月経時や月経前後に悩みを持つ人などは産婦人科に相談し、ピルが必要かどうか診てもらいましょう。
ピルは医師に処方してもらわなければ手に入りませんので、産婦人科や婦人科に受診する必要があります。
そして、医師に処方してもらわなければならないという事は、ピルは医療費控除の対象になるという事です。
ピルは健康保険が適用されませんので全て自費診療になりますが、医療費控除の対象になるかどうかは、健康被害がある為に治療しているのかどうかですので、自費診療でも全額医療費控除の対象になりますので安心しましょう。
ピルは初めて受診する場合は検査を行う必要もあるので、受診費用だけで1万円は必要になります。
また、ピルは1ヶ月分で3千円程度かかりますので、1年間で多い人で4万円から5万円程お金がかかります。
婦人科への交通費も含めて、受診時の費用の領収証やピルの領収書をきちんと保管しておきましょう。

Sponsord Link