医療費控除 対象 文書料

Sponsord Link


医療費控除を受ける為に欠かせない文書料も控除の対象なのか?

医療費控除を受ける為には、文書料が発生する事はご存知でしょうか。
文書料というのは、入院証明書や温泉療法証明書、紙おむつ使用の証明書というように、医療費控除を受ける為に、医療の一環として支払ったという事の証明となる文書を、医師に発行してもらう必要があるのです。
そして、医師から証明書を発行してもらうためには、文書料という費用が発生します。
この文書料は意外とお金がかかり、1枚数百円のものもあれば、数千円するものもありますので、数種類の証明書を用意しなければならない場合、文書料だけで数万円とお金がかかってしまう事があるのです。
医療費控除を受ける為に必要な文書料ですので、この費用も控除の対象になると思うのが普通ですが、実は文書料は医療費控除の対象にはならないのです。
医療費控除を受ける為には欠かせない費用という事になりますので、理解しておきましょう。

 

さて、医療費控除を受ける際に、文書料はある程度は誤魔化しがきくのではないかと思う人も多いと思いますが、そもそも控除を受ける為には、1年分の医療費の領収書やレシート、証明書を全て添付しなければならず、添付した医療費の明細書の合計が医療費控除額になります。
つまり、文書料を節約する為に何かで誤魔化すという事は出来ず、文書料を払いたくないのであれば、その分の額は医療費控除の対象に出来ないという事になってしまうのです。
文書料は領主書やレシートで換わりが効くものではなく、「こういう理由でこれだけの医療費や使用料がかかりました」という医師からの証明を得る為に必要な費用ですので、誤魔化しも、節約も出来ないのです。
医療費控除の対象は、紙おむつや療養の為の温泉使用料だけでなく、家族の感染予防の為のワクチン接種費用や白内障の治療の為に購入したメガネ費用なども含まれます。
しかし、こういった特殊な医療費の場合は、どんな病気でどんな治療の為に必要で支払ったお金なのかという事を、医師に照明してもらわなければならず、その一枚一枚の証明書に文書料という発行費用が必要になってしまうのです。
このように、医療費控除を受ける為には陰ながら必要になる費用もあるという事を覚えておきましょう。

Sponsord Link