医療費控除 対象 脱毛

Sponsord Link


女性の注目の的、脱毛は医療費控除の対象になるのか?

今、年代問わずあらゆる女性の注目の的となっているのが、脱毛です。
脱毛の広告や案内の中には、医療脱毛や医療レーザー脱毛という言葉が頻繁に出てきますが、果たして脱毛は医療費控除の対象になるのでしょうか?
答えはいいえです。
例え「医療」という言葉がついていても、綺麗になる為の脱毛は医療費控除の対象にはなりません。
最近増えてきている医療レーザー脱毛も、「医療」という言葉がついているだけであり、目的は美容の為です。
体に何の問題もなく、綺麗になる為に脱毛するのであれば控除対象外になってしまうのです。
脱毛を考えている人の中には、「医療」という言葉に釣られて、つい医療費控除の対象になると考えてしまいがちです。
しかし、脱毛は対象外ですので、「多少高くても医療費控除でいくらかお金に余裕が出来るから」と安易な気持ちで脱毛を決めてしまう事のないように注意しましょう。

 

脱毛をして医療費控除の対象と認められるのは、皮膚の病気を患わっている人が治療の一環として脱毛を行った場合のみです。
健康を維持していく為に、病気を治療する為に、脱毛をせざるを得ない場合限って医療費控除の対象になります。
インターネットなどで検索すると、医療脱毛であれば医療費控除の対象になるというコメントを見る事もありますが、これは「治療の一環として本当に脱毛を必要としている場合の医療脱毛」という事ですので、間違えのないよう気を付けましょう。
また、医療費控除の対象になるかならないかの見極めで誤解しやすいのが、医療機関で治療や施術を受けた場合は全て医療費控除の対象になるという考え方です。
控除の対象になるかどうかは、医療機関を利用したかどうかではなく、それをしなければ体に支障をきたす、健康に害が出てしまうかどうかという事です。
綺麗になる為、もっと健康になる為に、精神的な健康促進の為にというような目的の医療は、全て医療費控除の対象になりませんので、理解しておきましょう。

Sponsord Link