医療費控除 対象 オムツ

Sponsord Link


医療費控除の対象になるオムツとは?

オムツといいますと幼児が必要とするイメージが強いと思います。
しかしながら幼児の使用するオムツは医療費控除の対象とはなりません。
その為、幼児のオムツを医療費控除によって安く購入する事は出来ません。
では、いったいどのような方がオムツを必要とするかといいますと怪我や病気で寝たきりを強いられる方々です。
また老人の方もオムツを使用するケースが非常に多いと考える事が出来ますね。
このような大人用のオムツは「おむつ使用証明書」という証明書が医師によって発行されますと、医療費控除の対象となるのです。
ちなみに幼児に何らかの障害がありオムツが必要な場合はおむつ使用証明書が発行されます。
普通の幼児にはおむつ使用証明書は発行されません。

 

医療費控除の対象になるオムツの使用証明書とは?

おむつ使用証明書はおおむね6ヶ月以上寝たきりであり、医師の治療を受けている者に発行されます。
このおむつ使用証明書が発行されると、医師による治療を受けるため直接必要な費用として、医療費控除の対象となるのです。
このオムツですが、意外と忘れて確定申告の時に医療費控除の申請を行わないケースが見受けられます。
おむつ使用証明書を発行してもらうのは有料なので、その辺でケチってしまい医療費控除が出来ないというケースです。
これは非常にもったいないので、オムツの着用をしなければならんし人はおむつ使用証明書をちゃんと発行してもらいましょう。

 

医療費控除の対象としてオムツ代を申請するには

医療費控除の対象としてオムツ代を申請する時には、おむつ使用証明書とオムツ代の領収書が必要になります。
この2点を持って税務署へ行けば確定申告の際、オムツ代が医療費控除の対象となり払いすぎた税金が還付されます。

Sponsord Link