医療費控除 対象 歯科

Sponsord Link


医療費控除の対象として歯科治療は有効なのか?

歯科の治療費はいわゆる自由診療という高額な診療を除き医療費控除の対象として認められています。
金歯やポーセレンを使用した歯の治療は一般的に行われていますので、医療費控除の対象として認められています。
さらにインプラントなども医療費控除の対象として認められています。
つまり、極端に高い先進治療さえ受けなければ医療費控除の対象となるわけです。

 

また、歯列の矯正も医療費控除の対象となります。
歯列の矯正は発育段階の子供のみが医療費控除の対象になり、大人は美容目的であるから医療費控除の対象にならないというのは、大きな誤解です。
美容目的でなければ大人の方でも歯列矯正を受ける事が出来ます。

 

医療費控除の対象にならない歯科の矯正とは?

美容目的の矯正とはどういう事でしょうか。
これは、噛み合わせに問題がないというのに、つまり歯列に矯正をかける必要がないのに、矯正を行うと美容目的とされてしまいます。
矯正を行う前にきちんと歯科医師と相談をして行えば、歯列矯正を目的としていたのに、美容目的になっていたというミスマッチを防ぐ事が出来ます。
発育段階の子供の歯列矯正は美容目的とはとられ難いですが、事前にこれもきちんと歯科医師と相談をする事をオススメいたします。

 

医療費控除の対象として歯科へ通う交通費について

歯科医院へ通う場合、普通の病院へ通うのと同じカテゴリーになりますので、公共交通機関を使用するとその交通費は医療費控除の対象となります。
自家用車で歯科医院へ通う場合、ガソリン代などは医療費控除の対象とはなりませんので気をつけてください。
ただし有料駐車場を借りた場合、その駐車場代は医療費控除の対象になりますので、覚えておいて損はありません。

Sponsord Link