医療費控除 対象 整骨院

Sponsord Link


医療費控除の対象となる整骨院の施術について

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師による施術の代金が医療費控除の対象となります。
この施術ですが、医師・マッサージ師・柔道整復師の資格を持っている人物が行わなければ医療費控除の対象とはなりません。
例えば交通事故に遭い首を痛めた、労働中に腰を痛め治療を目的として整骨院を利用する人ならば医療費控除の対象となります。
カイロプラクティックも治療が目的ならば医療費控除の対象となります。

 

医療費控除の対象とならない整骨院の施術について

治療が主な目的ではない整骨院の利用は医療費控除の対象とはなりません。
つまり、リラックスをする為に整骨院を利用した場合が、それにあたります。
また疲労回復目的ですと、それも医療費控除の対象とはなりません。
さらに医師・マッサージ師・柔道整復師の資格を持っていない人が施術を行いますと医療費控除の対象とはなりません。
つまり、街中にあるリラックスマッサージの店を利用した場合は、医療費控除にならないというわけです。

 

カイロプラクティックもそうです。
疲労回復目的では医療費控除の対象とはなりません。
あくまで、医師の診断のもと必要があるから行うから、医療費控除になるわけで、医師の診断がなく疲労回復やリラックスの為にカイロプラクティックのような施術を受けてしまうと医療費控除の対象外となってしまいます。
医師・マッサージ師・柔道整復師の資格を持っている方が行わなければ、こちらも医療費控除の対象とはなりません。

 

医療費控除の対象として整骨院へ行く交通費について

整骨院へ通う為の交通費は、リラックスや疲労回復目的だとしても病院へ通っている事になりますので医療費控除の対象となります。
あくまで公共交通機関を利用した場合に限ります。
自家用車のガソリン代は医療費控除の対象外となってしまいます。

Sponsord Link