医療費控除 対象 タクシー代

Sponsord Link


医療費控除の対象となるタクシー代について

一般的に公共交通機関、つまりバスや電車を利用して診療所、老人保健施設、助産所、病院へ通院なさる人は、その交通費は医療費控除の対象となります。
乗った区間や日にちをメモしておけばそれが証明書になり、それを元に確定申告を行えば医療費控除の対象となり交通費を10万円以上支払った場合、還付の対象となります。
一方で、自家用車ですと何回通院しようが医療費控除の対象とはならないのです。
自家用車ですと駐車した有料駐車場代は確定申告時に医療費控除の対象となりますが、ガソリン代は医療費控除の対象とはならないのです。
では、タクシーは医療費控除の対象となるのでしょうか。

 

タクシーも医療費控除の対象となります。
しかしながら、タクシー代のすべてが医療費控除の対象になるとは限りませんので気をつけましょう。
例えば、突然の陣痛で公共交通機関、つまりバスや電車に乗って病院へ行く余裕がない人がタクシーを利用したら、それは医療費控除の対象となります。
症状に応じてですが、一般的な水準を超えなければ医療費控除の対象と認められるのです。
または、遠方の病院に高速道路で行かねばならない場合であっても必要であるのならば、高速道路利用料も含めた交通費が医療費控除の対象として認められます。

 

医療費控除の対象にならないタクシー代

一般的な病状に応じた水準を大幅に超えた支出では、医療費控除の対象とはなりません。
緊急性がなく、公共交通機関を利用出来る余裕のある方が頻繁にタクシーを利用して診療所、老人保健施設、助産所、病院へ通院するのは医療費控除の対象から外れる可能性が非常に高いので気をつけてください。

Sponsord Link